ポイントアップキャンペーン!全商品ポイント3倍 ※アウトレット・セール商品除く

最近チェックした商品

 
益久の新しい、ガラ紡。

ゆっくり「ガラガラ」と音を立てながら紡ぐ、昔ながらの紡績機、ガラ紡。

まるで手で紡いだようなガラ紡の糸。
明治初期、信濃国安曇郡(現・長野県安曇野市)の住職『臥雲辰致(がうんたっち)』によって発明された、
人が手で紡いでいるのと同じ原理を単純に機械化した和製紡績機「ガラ紡機」。
この発明によって、それまで手でつむいでいた糸の生産量が大きく向上しました。

それでもまだ現代の紡績機の1/100の速度ですが、
その「ゆっくり」加減が、やわらかな手触りを生み出しています。

名前の通り、「ガラガラ」と音を立てながら紡ぐ、昔ながらの道具。
そのガラ紡からゆっくりと紡がれて生まれた木綿生地は、手つむぎのように肌にやさしくやわらかです。
サスティナブルな製品づくりを追求して作られた益久の「ガラ紡」シリーズ。
一度実際に手にとってお試しください。


特集|新しい、ガラ紡|アイテム一覧